スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
原石の単価の決まり方。
JJ丁場遠景
原石の値段の決まり方

売る人は高く売りたい。買う人は安く買いたい。

で、条件の1番目は生産原価でしょう。
2番目は積み出し港までの運賃。
世界中トラック運賃はそれほど変わりはありません。
最初の頃はこれで単価が決まります。
3番目が、需要と供給です。
有名にな石となると誰でも欲しがる石となります。
ですからクンナムのように長い間継続している石は高くなります。

最近当社で復活させたJJの原石は?の運賃が安くなったので
復活させました。15年前は原石を運ぶのはすべてバラ積み船です。
JJ丁場からチェンナイの港まで1400キロをトラック輸送しました。
最近は原石はコンテナーで運送するのがメインになりました。
コンテナー港までJJ丁場から300キロしかなくアモイ港までの運賃
がかなり下がったので復活させました。
当社の原石では印度国内で一番北になります。マデヤプラデッシ州。


スポンサーサイト
【2009/02/16 14:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
印度の新しい石
12345.jpg
印度の新しい石

この地図は市橋健君の出張に付いてくる出張した場所です。
まだ 当社で取っている原石丁場も回り終わっていない状況です。
皆様が期待している安くて良い新しい石には未だ、たどりついて
いないようです。

そもそも新しい石はなかなか見つかる物ではありません。
最近10年で出てきた新しい石はオーロラというマルチカラーと
YZという糠目くらいではないでしょうか?新しい石は出てはきます
が日本の市場に認められる石は、全方向にアンテナを張っていても
3年に1種類位でしょうか?

石は比較です。原石がこの単価なら此方をやろう。無理なら
以前のこの石を復活させようという選択です。
私は毎年この比較選択を繰り返しています。
【2009/02/02 11:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。