FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
石産協ワークショップ

6月20日の石産協のワークショップで「ポスト中国を探る」と言う
題名で私も一人のパネラーとして参加しました。

 そもそもこの題名が間違っています。 私共の会社はポスト中国で
なく、プレ中国です。今も昔も扱い高の60%以上はインド材ですから。
それと中国よりも印度の方が製品の経験は実は長いのです。1880年代
 には銀河の墓石、カラハリの丸墓前のインド製は日本に入って
 いました。

ただ印度は遠いし、文化も違います。墓石作成の歴史は古いのですが
 中国の短納期に負けてしまいました。
 ただ中国での原石、人件費の高騰で少し印度にチャンスが回って
 来ました。特に、色の付いた石でしたらこれから10年間はインドが
原石に関しては間違いなくメインの石となります。

 私自身は年金を受け取る年となりましたが、この年になっても
 なにかと忙しい毎日を送れるようになりました。これはインドの
 原石をライフワークとして仕事をしてきた私のツキですね。
 晩年になっても忙しいとは良い事です。

石産協
  「ポスト中国を語る」のパネラー  写真提供 石材工業新聞


スポンサーサイト
【2013/06/26 12:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南インド墓石の旅


もうご覧になっていただけたでしょうか?

私のように150回もインドに行っている人にはこのようなYOU TUBEの
画像は作る事が出来ません。なぜならインドに入っても感動が無く、
{ああそうだね。普通の事だね。」で終わってしまうからです。

この画像を撮って編集した人は昨年5月に入社した女性です。
入社して7カ月でインドに初めて出張した時なので
それだけ感動が新鮮であろうと想像致します。
チェンナイ駅の雑踏から始まり、デカン高原に沈む夕日で
終るなどという演出は上手ですね。

35年前に初めてインドに出張した時のあの感動を今、この
画像を見て思い出します。

【2013/06/05 11:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。