FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
チャンクマのこと
2009年 3月 豪徳盛工場にて
1985年もう25年も前ですが当時のインドの検品会社に一人の若い男の子
が入社してきました。
当時としては珍しく英語の話せる検品員の見習いで以来25年間私と共に
行動してきました。私も60歳になりましたが彼も50歳になってるはずです。
私にとってはインドの目と耳になりました。今は当社の若い社員が
インドに行った時には先生であり大先輩で彼と出来るだけ一緒に行動
するように命じてあります。 いつも私の右になぜかいます。
chankuma.jpg
      
         この写真も右にいますよね
スポンサーサイト
【2009/04/16 20:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クンナム真贋論争に対する当社の見解 | ホーム | 月刊石材様 2月号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maenoindia.blog10.fc2.com/tb.php/28-d609a0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。