FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
石の名前 ①
                                           623の丁場
623丁場2010年3月

石の名前のつけ方①

  よく皆様から言われるのですが「同じ石なのに会社によって名前が違うのは
わずらわしい。」ごもっともです。

  中国の石の場合は意外と統一されています。おおむね1985年位までに出た石は
中国五金公司と言う会社が御影石の場合はGで番号を振って行きました。
  最初の番号が6なら福建省産、17なら黒竜江省、3なら山東省と言う具合です。
残りの2桁がその省から出た石の番号です。G1751は黒竜江の色石で立派な名前
を持っていますがG551と後から誰かが付けた名前が有名になってしまいました。

  これとは別に中国非金公司と言う会社は1993年頃までAGと言う番号を見本が来た
順番に付けていきました。五金公司が番号を付けるのを止めた後から出てきた
中国山崎はAG2268ですが五金公司は番号をもうつけませんでした。
  AG98は非金公司が付けた番号の方が有名になりました。五金公司の番号もあります
が余り有名にはなりませんでした。G614は五金公司が付けた番号ですが我々が原石
を売っていた20年前はAG94の方が有名でした。

  それ以外の名前は基本的に1990年以降に非金公司も五金公司ももう名前を付けるの
を止めた後に出てきた石が多いです。それでもG623に何とか石と名前を付ける勇気
有る会社も中にはありますよね。

  中国の原石は福建省産の6で始まる石以外は将来の生産は困難に成りつつあります。
  次回は印度の石の名前の付け方についてお話します。
スポンサーサイト
【2010/10/07 19:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<石の名前② 印度黒 | ホーム | 新発見時代の終了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maenoindia.blog10.fc2.com/tb.php/52-0f830365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。